・生活

一生変わらない絆で結ばれている仲間なんて私には居ないし、親友と胸を張って言えるのはせいぜい一人、二人だ。何十年も一緒に生きてきた仲間なんて居ない。そう考えると、私は独りな気がする。 いつから両親のことを両親であると同時に、一人一人の人間とし…

・10cmの重み

祖父が亡くなり早4日。今日は御通夜と葬儀の為に祖母が私の両親に連れられて、我が家にやって来ました。祖母の家に遊びに行こうと思いつつ、就活やバイトなど今考えると下らない予定を日々費やしていた私はなかなか遊びに行けず、祖母と会ったのは、多分、叔…

・虹のように今日は逃げないで

day

残念なニュースだ。中学1年生の生徒が自殺したらしい。テストのカンニングを咎められたことが原因だとか。 中学1年生は、大人と言っていいのか、子どもなのか。私には分からない。人にはそれぞれの社会があるから、彼女の社会は学校で、学校でカンニング犯と…

・本

最近落ち込むことがありました。きっと誰でも感じることで、自分だけじゃないことだけれど、落ち込みました。まだ少し落ち込んでいます。落ち込んでから気づいたことがありました。今日はそのことを書こうと思います。 落ち込んで、ひとしきり泣いて反省して…

・小旅行〜鎌倉編〜

昨日鎌倉に行ってきました。鎌倉が地元の方に案内人になって貰って、ゆるく観光してみました。彼と行くのは2度目です。 1番の目的であったイワタ珈琲店のホットケーキ!ホットケーキが大好きな私の為に調べてくれたお店。焼き上がりは40分程。いつもは行列ら…

・笑っていたい

ミサイルが飛んでくるかもしれない、戦争が始まるかもしれない。割と距離の近いところで緊迫した情勢になっているところで、私たちはアイスクリームが食べたいなぁ、お酒が飲みたいなぁ、髪がボサボサになってきたなぁとか、ディズニーランドに行きたいなぁ…

・うつくしい子ども

"あの偉い発明家も凶悪な犯罪者もみんな昔子どもだってね" THE YELLOW MONKEYのJAMの一節だ。初めてこの歌を聴いた時の衝撃は忘れないし、紅白歌合戦でこの歌を唄っていた姿に涙するほど感動した。この歌詞には同意せざるを得ない。その通り。どんなに偉そう…

・時間

day

昨日初めて知りました。東京駅には歴代首相の2人が襲撃された場所を当時の床そのままに、印をつけ保存しているそうです。当時のことを忘れないように、との思いが込められているそう。 本日九段下に行く用事があり、九段会館を間近で見ましたがすごく美しか…

・一周年

私がブログを始めて1年が経ちました。自分の気持ちを文章で好きなように書けるというのはとても楽しく幸せなことです。つまらないこと言ってるなとか、馬鹿だなと思われているかもしれない。それでも自分の書きたいことを書くことは嬉しく、楽しいことでした…

・天気の良い日

天気が良いとなぜか切ない歌がいつもよりも胸に響く気がします。あくまでも個人的な意見ですが、空の青さや日の光の眩しさには明るくアップテンポな曲よりも、切ない曲の方が似合うように思います。今の時期は、夏の肌を刺すような日差しとは違った春の日差…

・1人と独り

友人の大学の先輩が自ら死を選んだらしい。精神を病んでいたそうだ。私はその人を知らないし、今日言われるまで、その人が亡くなったことも知らなかった。こう言うと悲しいけれど、人が亡くなるとはそういうことだ。 精神が病んでしまったことがない私には、…

・ニューヨーク眺めのいい部屋売ります

私が敬愛している俳優は数人いるが、その中の1人にモーガンフリーマンがいる。毎週金曜日22時にEテレをつければ頭がおかしくなるような難しい話をしている彼を観ることができる。もちろん今もその番組を観ながらこれを書いている。4月からは木曜日22時からの…

・カフェオレとカフェモカ

今日は久々に好きな人に会えた。つい3日ほど前に彼から電話が来ていたけど、出ることが出来なかった。マナーモードのバイブが苦手な私のスマートフォンはいつもサイレントモード。お陰で連絡に気づくのが遅い。 今日は彼の住む街に行く用事があり、3日前彼が…

・昨日言えなかったこと

day

昨日は3月11日。東日本大地震から6年でしたね。当時私は何をしていたのか何処にいたのか何を感じていたのか、年を負うごとに記憶は薄れていきます。誰かが言っていたかもしれないし皆さん思っていることかもしれませんが敢えて、語弊を招くかもしれませんが…

・選ぶ

去年から学習塾の講師のアルバイトをしています。この学習塾は特に勉強が不得意な生徒が通う塾です。講師1人に対し生徒は2人まで。私は中学生の英語と小学生の算数、国語などを担当していました。自分の担当で今回受験を迎えた中学3年生は、7名いました。全…

・旅行〜広島編〜

土日を利用して久々に社会人の姉も参加して家族で広島に行ってきました。初めての広島、とても有意義でした。 原爆ドームです。建築物として、とても美しい設計だと原爆が落とされる前の写真から見受けられましたが、現在でも柱などかは当時の美しさを見るこ…

・真意

天野貴元さんというアマチュア棋士の方をご存知でしょうか。先程、知人に勧められた彼のドキュメンタリー映像を観ました。天野さんは癌により一昨年30歳で亡くなりました。余命を宣告され、亡くなるまでの1年以上の期間をドキュメンタリーとして映像にしてい…

・持ったまま

今日ふと思い出したことがある。万引き犯と間違われ、高校への推薦をしてもらえずに苦悩して自殺した少年のことだ。少年は担任に万引きをしたことの確認をされた際に「はい」と答えたそうだが、実際はしていなかったということだった。何故少年は「はい」と…

・話す意味、書く意味

day

音が意味を持って、誰かに伝わるというのは不思議で、奇跡のようなことだと思いませんか。"あ"という音と"め"という音が繋がって"雨"という単語になり意味を持ちます。イントネーションが加われば"飴"にもなります。これは同じ言語を理解出来る人にだけ伝わ…

・消える

私の大好きな人は、疲れたと絶対に言わないし、得意のユーモアのある話で自分の辛さを誤魔化している。そんな彼が、初めてと言ってもいいくらい、ほんのちょっとの弱音を吐いた。私に吐いてくれた。それは、何の意味もない、ただ手近なところに私が居たから…

・時代part2

テレビで大人と中高生くらいの子どもたちが学校について討論するような番組がやっていて、チャンネルを変えようとしていた時にチラッと観ました。 大人たちが物事を無理矢理納得する時の謳い文句として「今はそういう時代じゃないもんね〜」というものがあっ…

・すべてがFになる

好きな作家の1人である森博嗣のデビュー作『すべてがFになる』を読了しました。最近ドラマ化やアニメ化もされて、ご存知の方も多いと思います。 『すべてがFになる』 森博嗣 まず驚いたことは、20年ほど前に書かれた作品であるにも関わらずコンピューターシ…

・成長期

信じられないとか意外と言われることが多いけれど、私は少林寺拳法初段を持っているし、小学校時代6年間運動会でリレーの選手に選ばれていたし、暮らしている市の小学校が集まる総合体育祭ではリレーの選手、100メートル走の学校代表選手だった。学級委員も…

・母方の祖父のこと

今日、母方の祖父が入院した。私と干支が同じ、5回り違うので60歳差、祖父は今、81歳だ。祖父は以前、前立腺癌を患って入院、手術をしたことがあるし、肺の手術を受けたこともある。そこから健康には気を遣っていた。タバコとお酒はやめて、毎日散歩に出かけ…

・笑って

大好きな木皿泉脚本の『富士ファミリー』というドラマが今年もやっていました。去年から楽しみにしている作品です。 木皿泉の誰もが知っている作品でいうと、『野ブタをプロデュース。』でしょうか。ドラマの脚本をしています。 今回の作品では、自分を信じ…

・迷宮

自分が異端の存在であるように感じたことはあるだろうか。私はある。生きている世界からの疎外感があり、理解者なんて1人もいなくて、自分の考えていることが全てから外れている理屈の通らないただの感情論だと気付き、あぁどうしたらいいのか、誰かに受け入…

・大嫌いな祖父のこと

父方の祖父が亡くなったのは去年の6月のことでした。その頃私の家と父方の祖父との連絡は途絶え、絶縁に近い状態でした。 最後に祖父母の家に行ったのは何時のことか分からないほどでした。唯一連絡を取っていたのは、長男である父だけでした。 祖母は5年程…

・光る箱、速い箱

電車に揺られながら頭では色んなことを考える。耳からはoasisのCast No Shadowが流れている。コーラスのハーモニーが美しい。 夕方5時を過ぎた千葉方面へ向かう電車には帰宅するサラリーマンやOLの姿が多い。眠そうにうつらうつらしながら英単語帳を開いてい…

・歌、音楽

小学生の頃に文鳥を飼っていました。オスでした。メスかと思って育てていたら、求愛の歌を歌うようになったので、オスだと分かりました。白文鳥だと思って雛の頃から育てていたけれど、どうやら桜文鳥とミックスだったようでおじゃる丸の眉毛みたいに黒い羽…

・夜の次は朝

“違う違う。本当の自分はこんなんじゃない!”という行動を取ってしまったり、言葉を言ってしまった経験はありますか? 私はあります。大抵そういう時は、後悔するのに、素直になれなくて謝ったり訂正することは出来ません。 又吉直樹『夜を乗り越える』を読…

・the dog days are over

戦車の出す火花が美しく見えたことがある。テレビ画面に映った戦車だった。遠い国で人を殺している。まるで線香花火の火花の様に見えてしまった。自分とは関係の無い場所で、身近なものではないからそう感じたんだろう。そう感じることが出来たんだろう。 綺…

・不幸になりたがる人々

4人に1人が本気で死にたいと思ったことがあるらしい。人によって本気の度合いはもちろん違うだろう。口癖のように死にたいと口にする人もいるだろうし、死のうと思ってナイフを手にした人もいるだろう。電車に飛びこんだり、窓から身を投げたりする中学生が…

・言葉

民俗学の授業で杉並区の話を耳にしました。杉並区天沼という地域には寺社や祠が多いそうです。それは何故なのか。天沼という地名から分かるように、沼が多い湿地帯であったそうです。湿地帯では感染病や疫病が流行しやすい。そこで町の人々は神にすがり、現…

・甘いことを言う

誰かを好きになって、付き合うようになるということについて、私はほとんど経験がありません。中学、高校と女子校であり、予備校にも通わなかった為、男性との出会いが全くありませんでした。まぁきっと女子校だったとしても、彼氏を作れる人はたくさんいる…

・従順な気持ち

day

小学6年生の男の子が父親に殺された。理由は受験勉強をしなかったから、だそうだ。 私は学習塾の受付、事務のアルバイトをしていたことがあるから小学生の受験については詳しい方だと思う。年々激化していることも、親が子供に実力以上の期待をしてしまって…

・窓から射し込む西日

木皿泉という脚本家(または作家)がいる。数々のドラマを生んできて、母や私はそのドラマたちを毎週たのしみにしていたし、録画してあるものは今でも見返しています。 『野ブタをプロデュース』『セクシーボイスアンドロボ』『すいか』『Q10』『昨夜のカレー…

・小さい

day

一年半ほど前からハムスターを飼っています。それはそれは可愛くて、お世話も楽しかったです。 食いしん坊でちょっと太っててお尻が大きくて歩くとぽよぽよしててね。可愛いよね。 そんな彼女ですが、昨日から大変具合が悪いんです。昨日は夜にグッタリして…

・鶏と卵

day

「人間は肉体的生き物だ」ということを昨日の知人から聞きました。私は精神があって、行動をすると思っていたし、まだ思っているのであまり納得しませんでしたが、一理あるのかもしれないと今思い始めました。 これって、卵が先か、鶏が先かの問題と似ています…

・求めてるもの

day

「ありのままでいい」という歌が流行ったり、ありのままが1番という意識が賞賛されているように思う。だから整形をしたり、周りの空気に合わせたりする人は、反感を買う。要は、ありのままのダメな部分もそのまま周りに受け入れて欲しいという欲求が誰にでもあ…

・ASIAN KUNG-FU GENERATION②

大学であまりに暇なので、PC教室のPCからブログを更新してみる。思えば、PCでブログを更新したことが無かった。新鮮な気持ちだ。テストやレポート課題が出されている学生なのだから、まずはそちらを片付けるべきなのだが、言いたいことを自由に書けて、誰に…

・蛍光灯と、その光

day

教室の蛍光灯一本が切れそうだ。チカチカと淡いながら時に強く弱く、自分の光はまだ終わらない、まだ照らせるぞとでも言いたげに光っている。隣の一本は既に切れていてひっそりと陰になっている。 伊坂幸太郎の『グラスホッパー』に登場する蝉は、人を殺す。…

・影響

昨日、大学院の授業を初めて拝聴しました。大学院というと難易度が今より上がるので、私の脳は付いていけるのか不安でしたし、教室に入ると人数が思ったよりも少なく、より不安になりました。しかし、講義を聞いていると私の好きな芥川龍之介や、エドガー・…

・大人

先日、以前のバイト先でお世話になっていた方とご飯に行きました。19歳年齢は離れていますが話していてとても面白い方で、今では上司と部下ではなく、月1で飲みに行く飲み友になっています。海外で暮らしていた時のこと、海外を自転車で旅した体験など私はき…

・時代?

人間は考える葦である という名言はあれど、今の自分は何かを真剣に考えて生きているだろうか。私は即座に、はい、と答えることは出来ない。それは非常にもったいないことだと気づく。 森博嗣が養老孟司との対談の中で、こんなことを言っていた。 「今の学生…

・遮光

最近になって日射しが強くなってきた。目が眩むような強い日射しは苦手である。部屋のカーテンは開けたくない。帰宅して部屋に入ると、空気の入れ換えの為にカーテンと窓が開けられていることがある。眩しいし、自分の世界が開かれてしまったようでそわそわ…

・土の中の子供

暗闇の中、男の荒い息が聞こえてくる。必死に逃げ道を探しているが、取り囲まれてもう逃げ道がない。自分を照らすバイクのライト、鉄パイプを持つ姿も見える。まとわりつく汗が鬱陶しい。息はまだ乱れたまま。目の前に映像が見える様な描写に惚れ惚れしてし…

・きらきらひかる

中学、高校と6年間を女子校で過ごし、女子大に入学して3年目になる。私の学びの場には、男子生徒は居ない。居たのは小学校の6年間のみである。男性が嫌いとか、女性が好きだとかそういう理由はない。何故女子校を選択してきたのかと問われれば、迷ってし…

・ショーシャンクの空に

モーガン・フリーマンが好きだ。彼と出会ったのは『ショーシャンクの空に』という名作映画だった。この映画を観たのは高校3年生か大学1年生とかそのくらいだった。もうすぐで日付が変わるという時間帯に、リビングのソファでごろごろしながら眠気眼でぼんや…

・何度でもオールライトと歌え

大好きなロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカルは後藤正文、通称ゴッチ(Gotch)とよばれている。 『何度でもオールライトと歌え』後藤正文 大好きなアジカンのゴッチが本を出すということで、もちろん買いました。読みました。 アジカンの楽曲を聴…

・また一つ生まれる

非常に残念なニュースだ。女子中学生2人が手を繋ぎ、線路に飛び込んだ。13歳だったらしい。 幼い命と言ってもいいのだろうか。悩む。“もう中学生なんだから”とか“中学生なんだからしっかりしなさい”とか子どもから大人にならなきゃと日々言われていたのでは…