・深夜高速

半年前の私のこと、覚えていますか。黒い革のジャケットを羽織って、中にはピンクのセーターを着て彼に会いに行ったね。またこの桜並木を一緒に歩けたなとのんびり喜びながら、缶ビールを二人で飲みました。

 

半年経った今、私は2、3年後結婚しようかと言っている彼がいます。桜を一緒に眺めたあの彼じゃない。大学1年生からずっと恋して愛してたあの彼じゃないのです。

自分でも驚く変化です。

あの彼が私には1番合っていたから。音楽の趣味も、感性も、好きな映画も小説も、においも声も。

 

あの日、歌っていた姿。帰り道に観た眩しい午前5時の満月。何も忘れてない。

今付き合っている彼は私のことが大好きで、私にとても甘いです。精神的に強くて、頼りがいがあって、背も高くて良い意味でとても男らしく、ジェントルマンであるべきだからといつも言っています。とても素敵。

ずっと好きだった彼は、細くて消えてしまいそうな儚さで、病気だけど抗っていて、毒舌でたまにとても冷たくて、でも温かい人です。とても素敵。

二人とも全然違う。でも確実に私は、変わっていっているんだなと感じます。

 

あの日、カラオケで叫ぶように歌ってた。

 

生きててよかった    生きててよかった

生きててよかった    そんな夜を探してる

生きててよかった    生きててよかった

生きててよかった    そんな夜は何処だ

 

思い出すだけで涙が出そうになるよ。今もきっと叫ぶように苦しんでるんだと思います。もう友達として支えることしかできないけれど、死なないで出来るだけ苦しまないで生きて欲しい。私も幸せになるから。

生きててよかったって、死んだ方がマシさって歌わないで済むように。