・カフェオレとカフェモカ

今日は久々に好きな人に会えた。つい3日ほど前に彼から電話が来ていたけど、出ることが出来なかった。マナーモードのバイブが苦手な私のスマートフォンはいつもサイレントモード。お陰で連絡に気づくのが遅い。

今日は彼の住む街に行く用事があり、3日前彼が私にしたように、彼に突然電話をしてみた。3コールほどで出てくれた。私にマナーモード設定を要求するだけあって、着信にはすぐ気付くらしい。1ヶ月ぶりに会った彼は変わっていなかった。けれど、話す内容も変わっていなかった。彼が辞めさせられた塾に通っていた生徒がどこに受かったかを延々と話していたし、他の話題と言えば麻雀について。

 

なんで彼が好きなのか、自分でも考える。彼より良い人なんていっぱいいる。いつもバイト先で話しかけてくれる人は優しいし、バレンタインのお返しもくれる。世間から見たら、毎週末に雀荘に行っていて、未だに前の職業から離れられなくて生徒のことばかり気にしてて、自分の健康については考えてなくて働いてるか分からないような人は、選ぶべきではない。私もそう思う。でもどうしても好きだ。匂いも話し方も、高い鼻もひょこひょこした歩き方も、服装も音楽と映画の趣味も、全部好き。彼と話していれば、カフェオレとカフェモカの違いなんてくだらない話もとても面白い話になる。彼が甘いと思って頼んだ抹茶フロートが苦くて顰めていた顔も素敵に見える。

 

何か議論をする時、感情論は邪魔になる。でも恋愛に関しては違うと私は思っている。この人を好きになりたい、こういうメリットがあるからという風には恋は始まらないだろう。いつの間にか好きになっているだろうと思う。だから嫌いになるその日まで、私はきっと彼が好き。トムヤムクンという料理名の意味とか麻雀の役について笑いながら話すだろうと思う。どんな話題も最高の話題になるんだと思う。

 

私のスマートフォンは今、サイレントモードじゃなくなった。