読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

・時代part2

テレビで大人と中高生くらいの子どもたちが学校について討論するような番組がやっていて、チャンネルを変えようとしていた時にチラッと観ました。


大人たちが物事を無理矢理納得する時の謳い文句として「今はそういう時代じゃないもんね〜」というものがあって、偉そうに踏ん反り返っている大人と言われる立場の芸能人もよく使っていたように思うし、子どもたちも「時代が違う」という便利な言葉を使っていました。
もちろんその通りだとも思います。交通が発達したし、インターネットも普及して現在では、なくてはならないものだし、ネット配信で授業を受けたり学び方も変わりました。昔と呼ばれている時代の迷信が科学的に解明されたりして、昔を馬鹿にしたり出来るくらい今は進化してきたように思います。


しかし、全てを時代のせいにするのは、ずるいと私は思います。時代が変わったって、人はそんなに変わっていないです。相変わらず勧善懲悪な流れのドラマや小説が流行るし、ブルーハーツリンダリンダはかっこいいと言われているし、いじめは無くならないし、LINEを使ったって好きな人に好きと伝えるのは難しいし、Wikipediaで調べたって相対性理論の原理はよく理解出来ません。
結局どんな便利な道具を手に入れたって根本的な人間はそんなに変わっていないと思いませんか。時代のせいにしたって、意味がないことがたくさんあると私は思います。
だから時代のせいにするのはかっこ悪い時がたまに来る。自分が悪いんだなとガツンと正面から受け止めなきゃいけない時が必ず来ます。そこから逃げなければ、あんなに踏ん反り返って偉そうに少し長く生きているからって上から目線で喋っている俳優という肩書きのくせにドラマに全然出てない芸能人の言うことなんか怖くないです。(某タレントがあまり好きではないという偏見が強いかも。)


私もよく、自分に起こる殆どの最悪なことは自分に起因しているということを忘れます。タンスの角に足の小指をぶつけた時だって、もうちょっと横を通れば良かっただけだし、TSUTAYAで延滞料金を取られた時だって2日前くらいに返しにいけば良かっただけだし、化粧品で肌が荒れた時もパッチテストをしておけば良かったのです。もちろん何を言ったって後の祭りということも分かっていますし、毎回後先を想定して行動する面倒臭さも分かります(笑)

 

逃げないで生きていければかっこいいなといつも思います。結局私が欲しいのは、何事も認められる広い心なんだろうな。難しい。