・甘いことを言う

 

誰かを好きになって、付き合うようになるということについて、私はほとんど経験がありません。中学、高校と女子校であり、予備校にも通わなかった為、男性との出会いが全くありませんでした。まぁきっと女子校だったとしても、彼氏を作れる人はたくさんいるんでしょうけどね。

普通の女性は大学生になるまでに1人や2人の恋愛経験はあるんじゃないでしょうか。そこで、人を好きになることや付き合うということについて学んでいくんだと思います。でも私にはそれが全くありませんでした。恥ずかしながら。

そのまま21歳になり、いざ人を好きになり、付き合うということを考えると深く考えすぎてしまいます。好きという気持ちはコレかな?とか、付き合うって本当に好き同士じゃなきゃダメだよなとか。完全にこじらせています。
好きじゃなくても嫌いじゃないから付き合うという人は少なからず居て、中には長続きしてる方も居ますよね。だから付き合うのは本当に好き同士じゃなきゃいけないということでもないのかもしれません。


色んなことを考えていて気付いた事は、好きという気持ちは良くも悪くも感情なので、目に見えず確認出来ない、だから私は不安になるんだなということでした。テストの順位とか成績とか得点とかプレゼントとか、私は目に見えるものだけを確かなものとして生きてきたようです。だから誰かを信じることが苦手で、自分の殻に閉じこもって、誰かを好きになれていなかったのではないかと最近思いました。
そう思うと、赤の他人が家族になる結婚という行為は本当にすごいことなんだと感じます(笑)

私は自分以外の誰かを信じたいと思うし、私のことを信じてもらいたいとも最近強く思います。だから誠実でいたいし、正直でいたい。

 

前向きに考えられるようになってきたのも成長なのでしょうか。良い兆しであることを祈っています。